• 小鳥遊書房

    • Twitter
    • facebook
    • Twitter
    • facebook
    • magician-jacket-shoei0825
    • 新刊
      魔術師 谷崎潤一郎妖美幻想傑作集
      (長山 靖生編)

      初期の耽美主義、怪奇、犯罪探偵趣味、私生活的幻想……
      谷崎作品のなかから、蠱惑的な短編をセレクト。
      「刺青」「人魚の嘆き」「魔術師」「人面疽」「或る罪の動機」「恐怖」「詩人のわかれ」など、
      文学の魔窟に誘い込む15編を収録!

      詳しくはこちらをご覧ください!
    • mass-image_H1_0904-2
    • 新刊
      吉本隆明『マス・イメージ論』を読む
      (宇田 亮一著)

      〈現在というものを、言葉の意味ではなく、像あるいは地形図でとらえようとした書物〉である吉本の『マス・イメージ論』を、心理臨床士が読解する試み。

      詳細はこちらからご覧ください!
    • img_9784909812285_1
    • 新刊
      照応と総合 土岐恒二個人著作集+シンポジウム
      (土岐 恒二著/吉田 朋正編)

      主要著作をテーマ別に編纂し、一人の寡黙な精読者(リズール)が旅した文学的・文化的な地図を、共鳴する論者たちとともに描き出す。
      第2部には若島正、高山宏、富士川義之らの論考を収録!

      詳しくはこちらをご覧ください!

    • img_9784909812223_1
    • 新刊
      マーガレット・アトウッドのサバイバル
      (松田雅子・著)

      「カナダ的なアイデンティティの確立」「女性の生き方の探究」 「現代文明批評」から読み解く。
      ローカルな地点からグローバルな問題へと文学者の社会的使命を発展させていくブッカー賞受賞作家アトウッドの創造空間へのアプローチ。
    • 毎日(2020:9:3)
    • 【広告掲載】「毎日新聞」(9月3日付)
      【広告掲載】 今朝(9月3日付)の「毎日新聞」一面サンヤツに広告を掲載しました、ピヨ! 最新刊の2冊 『照応と総合:土岐恒二個人著作集+シンポジウム』(吉田朋正・編) 『マーガレット・アトウッドのサバイバル:ローカルからグローバルへの挑戦』(松田雅子・著)です。 (小鳥)
    • Ef_14PjUMAASHHI
    • 『『ミス・サイゴン』の世界』が「図書新聞」にて書評されました。
      「図書新聞」にて、 『『ミス・サイゴン』の世界』(麻生享志・著)の書評が掲載されています。評者は演劇ライターの町田麻子さま。本書の意図を読み取られ、そして、ミュージカルへの造詣、演劇への愛情などが詰まった書評です。ありがとうございます。
    • 図書新聞 6月27日付
    • 『ルイス・キャロルの実像』の書評が「週刊 図書新聞」にて掲載されました!
      【書評】 『ルイス・キャロルの実像』の書評が「週刊 図書新聞」(6月27日付)にて掲載されました! 評者は大妻女子大学の夏目康子氏でした。
    • 低い重版 キャロル タテ
    • 『ルイス・キャロルの実像』の重版が決まりました!
      『ルイス・キャロルの実像』(E・ウェイクリング著)の重版が決まりました!

      詳しくはこちら!
    • 動画で立ち読み気分
    • 書評・広告掲載のお知らせ
    • 直接購入はこちら

New Book Releases

新刊書籍

  • 西洋文学にみる異類婚姻譚
    山内 淳
    本体2,600円+税
  • ツナミの年
    ジュリエット・コーノ
    牧野 理英
    本体2,400円+税
  • 魔術師 谷崎潤一郎妖美幻想傑作集
    谷崎 潤一郎
    長山 靖生
    本体2,800円+税
  • 吉本隆明『マス・イメージ論』を読む
    宇田 亮一
    本体2,500円+税
  • 照応と総合
    土岐 恒二
    吉田 朋正
    本体8,800円+税
  • マーガレット・アトウッドのサバイバル
    松田 雅子
    本体2,900円+税
  • 屍の街
    大田 洋子
    長谷川 啓
    本体3,500円+税
  • 他者の在処
    土田 知則
    本体2,000円+税

Upcoming Book Releases

これから出る書籍

  • book10
    戦渦の中で
    マリオン・イングラム
    村岡 美奈
    北 美幸
    寺田 由美
    本体3,350円+税
  • tomsawyer_cover+obi_1010
    『トム・ソーヤーの冒険』の世界
    小野 俊太郎
    本体2,500円+税
  • poe_cover_1015
    【新編エドガー・アラン・ポー評論集】 ゴッサムの街と人々 他
    伊藤 詔子
    エドガー・アラン・ポー
    本体2,000円+税
  • Takamaga_obi-cvr_B1007
    高天原黄金伝説の謎
    荒巻 義雄
    本体1,900円+税
  • book10
    平和の下で
    マリオン・イングラム
    北 美幸
    袴田 真理子
    寺田 由美
    村岡 美奈
    本体3,350円+税
  • book10
    『白鯨』探求
    堀内 正規
    本体3,200円+税

Information

お知らせ

最新情報

  • 全て
  • 新刊
  • PR
  • NEWS
  • 近刊
  • 正誤
  • 重版
  • 関連記事
  • 2020/09/04PR
  • 【広告掲載】 今朝(9月3日付)の「毎日新聞」一面サンヤツに広告を掲載しました、ピヨ! 最新刊の2冊 『照応と総合:土岐恒二個人著作集+シンポジウム』(吉田朋正・編) 『マーガレット・アトウッドのサバイバル:ローカルからグローバルへの挑戦』(松田雅子・著)です。 (小鳥)
  • 2020/08/06新刊
  • 1945 年8 月6日の朝、広島にて被爆した大田洋子は、その直後から、
    原爆症発病の恐怖と闘いながら被爆者という「当事者性」をもって、
    被爆後の凄惨な実態をさまざまな作品に書き紡いできた。
    原爆投下から75 年経った現在だからこそ読まれるべき作品が
    新仮名で甦るアンソロジー。
    代表作「屍の街」や「半人間」「残醜点々」のほか、
    これまで単行本未収録の原爆作品も収録。
  • 2020/07/29新刊
  • デビュー以来、住野よるが生み出した六篇について、小説世界の外にあるものは一切排除し、 文学テクストそのもののみを精読する。

  • 2020/06/02PR
  •  【広告掲載!】
    「毎日新聞」(6月3日付)一面サンヤツに広告を掲載しました。

    『『ミス・サイゴン』の世界』(麻生享志・著)
    『[改訂新版]ピグマリオン・コンプレックス』(小野俊太郎・著)
    です。

    お近くの書店にて、または直接弊社直販サイト info@tkns-shobou.co.jp まで。

  • 2020/05/25新刊
  • 『『ミス・サイゴン』の世界』
    (麻生享志・著)

    あの名作ミュージカルの内容から制作/歴史的背景まで、詳細な分析で解き明かす充実の一冊が出来ました。
    2020年の上演は残念ながら中止となりましたが、本書で作品の魅力が伝わってほしいと思います。
  • 2020/05/25新刊
  • 『[改訂新版]ピグマリオン・コンプレックス』
    (小野俊太郎・著)

    男性が理想の女性を創造するピュグマリオン神話から始まり、教育・自立、上司・部下、生産・消費…などジェンダーを越えて、「変身」する・させる相互関係の構造を紐解く。 小見出しや索引を入れるなど全面改訂した新版!
  • 2020/05/25NEWS
  • 小鳥遊書房はホームページをリニューアルしました!
    平素より弊社の出版活動にご理解をいただき誠にありがとうございます。
    書籍内容、著訳者など、今まで以上に皆様が検索しやすくなるよう、
    ホームページをリニューアル致しました。
    さらに、弊社の出版物が皆様のお手元に届きやすくなるように工夫致します。

    今後とも、「書籍」が内包する力を信じ、良書づくりに一層の努力を重ねていく所存です。
    何卒よろしくお願い申し上げます。
    (小鳥遊書房一同)
  • 2019/03/11PR
  • 「世界が終わるときって何がおこるんだろう、 AからZまでのアルファベットが終末を予言する」 『ゾンビで学ぶAtoZ』(ポール・ルイス著/ケン・ラマグ絵/伊藤詔子訳)が、「週刊読書人」(3月8日付)にて紹介されました。
  • 2020/08/06新刊
  • 1945 年8 月6日の朝、広島にて被爆した大田洋子は、その直後から、
    原爆症発病の恐怖と闘いながら被爆者という「当事者性」をもって、
    被爆後の凄惨な実態をさまざまな作品に書き紡いできた。
    原爆投下から75 年経った現在だからこそ読まれるべき作品が
    新仮名で甦るアンソロジー。
    代表作「屍の街」や「半人間」「残醜点々」のほか、
    これまで単行本未収録の原爆作品も収録。
  • 2020/07/29新刊
  • デビュー以来、住野よるが生み出した六篇について、小説世界の外にあるものは一切排除し、 文学テクストそのもののみを精読する。

  • 2020/05/25新刊
  • 『『ミス・サイゴン』の世界』
    (麻生享志・著)

    あの名作ミュージカルの内容から制作/歴史的背景まで、詳細な分析で解き明かす充実の一冊が出来ました。
    2020年の上演は残念ながら中止となりましたが、本書で作品の魅力が伝わってほしいと思います。
  • 2020/05/25新刊
  • 『[改訂新版]ピグマリオン・コンプレックス』
    (小野俊太郎・著)

    男性が理想の女性を創造するピュグマリオン神話から始まり、教育・自立、上司・部下、生産・消費…などジェンダーを越えて、「変身」する・させる相互関係の構造を紐解く。 小見出しや索引を入れるなど全面改訂した新版!
  • 2020/09/04PR
  • 【広告掲載】 今朝(9月3日付)の「毎日新聞」一面サンヤツに広告を掲載しました、ピヨ! 最新刊の2冊 『照応と総合:土岐恒二個人著作集+シンポジウム』(吉田朋正・編) 『マーガレット・アトウッドのサバイバル:ローカルからグローバルへの挑戦』(松田雅子・著)です。 (小鳥)
  • 2020/06/02PR
  •  【広告掲載!】
    「毎日新聞」(6月3日付)一面サンヤツに広告を掲載しました。

    『『ミス・サイゴン』の世界』(麻生享志・著)
    『[改訂新版]ピグマリオン・コンプレックス』(小野俊太郎・著)
    です。

    お近くの書店にて、または直接弊社直販サイト info@tkns-shobou.co.jp まで。

  • 2019/03/11PR
  • 「世界が終わるときって何がおこるんだろう、 AからZまでのアルファベットが終末を予言する」 『ゾンビで学ぶAtoZ』(ポール・ルイス著/ケン・ラマグ絵/伊藤詔子訳)が、「週刊読書人」(3月8日付)にて紹介されました。
  • 2020/05/25NEWS
  • 小鳥遊書房はホームページをリニューアルしました!
    平素より弊社の出版活動にご理解をいただき誠にありがとうございます。
    書籍内容、著訳者など、今まで以上に皆様が検索しやすくなるよう、
    ホームページをリニューアル致しました。
    さらに、弊社の出版物が皆様のお手元に届きやすくなるように工夫致します。

    今後とも、「書籍」が内包する力を信じ、良書づくりに一層の努力を重ねていく所存です。
    何卒よろしくお願い申し上げます。
    (小鳥遊書房一同)
2020 TAKANASHI SHOBOU

Pagetop