• 小鳥遊書房

    • Twitter
    • facebook
    • Twitter
    • facebook

Details of the book書籍詳細

新刊
ヒッピー世代の先覚者たち
対抗文化とアメリカの伝統
  • 1960年代アメリカの対抗文化とともに、その諸先輩たちの思想、継承されるヒッピー世代を文学作品などを通して再検討。
    著者・訳者
    編:中山 悟視プロフィール
    ジャンル 英米文学(評論)
    出版年月日 2019年10月20日
    ISBN 9784909812193
    判型 4-6
    ページ数 320ページ
    定価 本体2,800円+税
    在庫 在庫あり
    ヒッピーは、いつあらわれ、どこからやってきたのか……。


    ソロー、エマソン、ポー、ヘミングウェイ、ヘンリー・ミラー、サローヤン、ヴォネガット、ウッドストック世代、プレスリー、ソロー・リバイバル、ナット・ターナー、ニルヴァーナ、バーニングマン…など、1960年代のアメリカに湧き上がったアメリカの対抗文化(カウンター・カルチャー)とともに、その諸先輩たちの思想、そして、継承されるヒッピー世代を文学作品などを通して再検討する。
    序章(中山悟視)

    第Ⅰ部:反逆と文学、反逆の文学

    1章.超越主義の伝統と音楽的身体の共振――『オン・ザ・ロード』からソローへ(小椋道晃)
    2章.エマソンとヒッピーとの共振点――反権威主義と信仰(亀山博之)
    3章.<文化>への不満としてのポー――南部、ケルト、アメリカ文学史の形成(貞廣真紀)
    4章.「壁に掛けられない絵」から「出版できない真実」へ――ヘミングウェイで測る対抗と主流の距離(大森昭生)
    5章.流れと対抗――ヘンリー・ミラーの「エンカウンター」という試み(井出達郎)
    6章.ウィリアム・サローヤンとヒッピー文化――「美しい白い馬の夏」を読む(舌津智之)
    7章.ヒッピーと笑い――ヴォネガットが愛したドタバタ喜劇(中山悟視)

    第Ⅱ部:抵抗とメディア、抵抗のメディア

    8章.ウッドストック世代のロックとその先輩たち(村上東)
    9章.エルビス・プレスリーの文化的定位(飯田清志)
    10章.デッド・エンド、バッド・シーズ――『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』と対抗文化の政治学(塚田幸光)
    11章.ソロー・リバイバルと対抗文化の作法――アメリカ精神文化の想像力(中垣恒太郎)
    12章.ナット・ターナーは再復活されうるか?――ネイト・パーカーの『バース・オブ・ネイション』を巡る騒動とその顛末(白川恵子)

    継承されるヒッピー文化

    終章:ニルヴァーナとバーニングマン――ヒッピー世代の後輩としてのふたりの二一世紀作家の振る舞い(藤井光)
  • ご注文

    • amazon
    • e-hon

関連書籍

マニフェスト・デスティニーの時空間
本体3,000円+税
クロスメディア・ヘミングウェイ
本体3,000円+税
アメリカン・マインドの音声
本体3,000円+税

同ジャンルの作品

生きづらいこの世界で、 アメリカ文学を読もう
本体2,200円+税
イェイツとジョイスの時代のダブリン
本体3,600円+税
マニフェスト・デスティニーの時空間
本体3,000円+税
[改訂新版]ピグマリオン・コンプレックス
本体2,700円+税
照応と総合
本体8,800円+税
ルイス・キャロルの実像
本体6,000円+税
クロスメディア・ヘミングウェイ
本体3,000円+税
「クマのプーさん」の世界
本体2,400円+税
メルヴィル文学における〈演技する主体〉
本体3,800円+税
映画ノベライゼーションの世界
本体2,000円+税

おすすめ書籍

『ミス・サイゴン』の世界
本体2,200円+税
ルイス・キャロルの実像
本体6,000円+税
クロスメディア・ヘミングウェイ
本体3,000円+税
他者の在処
本体2,000円+税
マーガレット・アトウッドのサバイバル
本体2,900円+税
イェイツとジョイスの時代のダブリン
本体3,600円+税
ジェンダーと身体
本体2,700円+税
マニフェスト・デスティニーの時空間
本体3,000円+税
[改訂新版]ピグマリオン・コンプレックス
本体2,700円+税
照応と総合
本体8,800円+税
2020 TAKANASHI SHOBOU

Pagetop