• 小鳥遊書房

    • Twitter
    • facebook
    • Twitter
    • facebook

Details of the book書籍詳細

近刊
吉本隆明『マス・イメージ論』を読む
  • この先の見えない生きづらい「現在」だからこそ心理臨床士が読解する試み。
    著者・訳者
    著:宇田 亮一プロフィール
    ジャンル 人文 思想 
    出版年月日 2020年9月15日
    ISBN 9784909812414
    判型 A5
    ページ数 248
    定価 本体2,500円+税
    在庫
    目に見えない「現在」をどうとらえるか……。

    吉本の『マス・イメージ論』は、〈現在というものを、言葉の意味ではなく、像あるいは地形図でとらえようとした書物〉である。
    吉本がとらえようとした1980年代という「現在」は、正体不明の歴史的大転換期にあった。
    『共同幻想論』『言語にとって美とはなにか』の〈イメージ版〉でもある『マス・イメージ論』を、
    この先の見えない生きづらい「現在」だからこそ心理臨床士が読解する試み。
    ○目次 
    序 論 
    はじめに
    『マス・イメージ論』の全体構成 
    『マス・イメージ論』を概観する 
    12論考の概要と流れを押さえる 
    問題設定 

    本 論  
    『マス・イメージ論』12論考を読む  
    【1】 「世界はどう変化したか」 
     (1)変成論 
     (2)停滞論 
     (3)推理論 
     (4)世界論 
     (5)差異論 
     (6)縮合論  
     (7)解体論  
    【2】 「言語表現はどう変化したか」  
     (8)喩法論  
     (9)詩語論  
     (10)地勢論  
     (11)画像論  
     (12)語相論  

    結 語  

    あとがき / 主要引用・参考文献
  • ご注文

2020 TAKANASHI SHOBOU

Pagetop