• 小鳥遊書房

    • Twitter
    • facebook
    • Twitter
    • facebook

Details of the book書籍詳細

新刊
ジェンダーと身体
解放への道のり
  • 身体、それは自由を賭けた戦いの場だ! 芸術、文学、映画、スポーツを通して ジェンダーと身体をめぐる諸問題を読み解く
    著者・訳者
    編:川本 玲子プロフィール
    ジャンル ジェンダー
    出版年月日 2020年5月29日
    ISBN 9784909812346
    判型 4-6
    ページ数 296ページ
    定価 本体2,700円+税
    在庫 在庫有り
    身体、それは自由を賭けた戦いの場だ!

    新たな意味を獲得していく女性の身体とその表象、

    「男らしい男」のイメージとその政治的意味の変遷、

    新旧のエンターテインメントが切り拓くジェンダー像の可能性――。

    芸術、映画、文学、スポーツなどを通してジェンダーを考える、刺激的な論集。
    [目次]

    序―ジェンダー化された身体はどこへ向かうのか(川本 玲子)
      ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    Ⅰ 女性の身体――許される居場所とふるまい

    第一章 19世紀ヨーロッパの音楽界における楽器と身体
         ――ピアニスト、クララ・シューマンの音楽活動を中心に(小岩 信治)

    第二章 絵画が捉えた女性を取り巻く社会的変化
         ――エドガー・ドガとメアリー・カサットの作例から(小泉 順也)

    第三章 「ポスト」新自由主義的ジェンダー再編
         ――『イン・ハー・シューズ』から『花子とアン』へ(早坂 静)

    第四章 中国都市の「広場舞」の女性たち
         ――公共空間で踊ることの意味(南 裕子)

    Ⅱ 男性の身体――期待されるパフォーマンス  

    第五章 コミュ力時代の男たち
         ――障害、男性性、クリップ(河野 真太郎)

    第六章 スポーツと「男性性の保護区」の変容(坂 なつこ)

    第七章 フォード・マドックス・フォード『パレードの終わり』における男性性と身体(川本 玲子)

    第八章 ラストベルトの生
         ――炭鉱と男性性の幻想(越智 博美)
             
    Ⅲ 身体を超えて――想像力が切り拓く可能性 

    第九章 女形を通してみる江戸のジェンダー(柏崎 順子) 

    第十章 共感と視線――ハナ・ギャズビー『ナネット』と未完の物語(川本 玲子)
     
    第十一章 ケア労働と代理母出産の「ユートピア」(河野 真太郎)
  • ご注文

    • amazon
    • e-hon

おすすめ書籍

『ミス・サイゴン』の世界
本体2,200円+税
ルイス・キャロルの実像
本体6,000円+税
クロスメディア・ヘミングウェイ
本体3,000円+税
他者の在処
本体2,000円+税
マーガレット・アトウッドのサバイバル
本体2,900円+税
イェイツとジョイスの時代のダブリン
本体3,600円+税
ジェンダーと身体
本体2,700円+税
マニフェスト・デスティニーの時空間
本体3,000円+税
[改訂新版]ピグマリオン・コンプレックス
本体2,700円+税
照応と総合
本体8,800円+税
2020 TAKANASHI SHOBOU

Pagetop