近刊

ガメラの精神史

昭和から平成へ

ガメラの精神史

『大怪獣ガメラ』から『小さき勇者たち~ガメラ~』までの12作品、そして2015年のガメラ予告編までのすべてを総括する文化史!

著者 小野 俊太郎
ジャンル 映画
出版年月日 2018/12/15
ISBN 9784909812018
判型・ページ数 4-6・232ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 未刊・予約受付中

この本に関するお問い合わせ・感想

なぜ「亀」なのか……?

ゴジラと並ぶもう一つの「G作品」であるガメラ……。

今まで作られた『大怪獣ガメラ』から『小さき勇者たち~ガメラ~』までの12作品、そして2015年のガメラ予告編までのすべてを扱い、昭和と平成にまたがり、時代や社会に応答してきたガメラ映画を総括する文化史!

『モスラの精神史』(講談社現代新書)、『大魔神の精神史』(角川oneテーマ21新書)、『ゴジラの精神史』(彩流社)に続く、「小野版精神史」最新作はガメラ!!
はじめに 空飛ぶ亀の物語
第1章  最初の三部作の戦果
 1 『大怪獣ガメラ』と冷戦時代の怪獣
 2 『大怪獣決闘ガメラ対バルゴン』と戦後からの脱却
 3 『大怪獣空中戦ガメラ対ギャオス』と日本列島の改造
 4 昭和三部作の特徴
第2章 昭和シリーズ後半の戦い 
 1 『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』と宇宙志向
 2 『ガメラ対大悪獣ギロン』と反地球
 3 『ガメラ対大魔獣ジャイガー』と大阪万博
 4 『ガメラ対深海怪獣ジグラ』とガメラ映画の終焉
第3章 湯浅ガメラの戦果
 1 湯浅演出の特徴
 2 昭和ガメラと昭和ゴジラの比較
第4章 ガメラの継承と復活
第5章 平成ガメラ三部作の戦果 
 1 『ガメラ 大怪獣空中決戦』と原発時代の怪獣
 2 『ガメラ2 レギオン襲来』とネットワーク社会  
 3 『ガメラ3 邪神覚醒』と被害者の呪詛
第6章 金子ガメラの戦果 
第7章 角川映画としてのガメラ
おわりに 昭和から平成へ
あとがき
参考文献   

ご注文

1,800円+税

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍