• 小鳥遊書房

    • Twitter
    • facebook
    • Twitter
    • facebook

Details of the book書籍詳細

近刊
【新編エドガー・アラン・ポー評論集】 ゴッサムの街と人々 他
+【論説】コロナ時代にニューヨーク作家ポーを読む
  • 幻のニューヨーク論をはじめ、重要でありながら翻訳されてこなかったポーの知る人ぞ知る評論の数々。
    著者・訳者
    著:伊藤 詔子プロフィール
    著:エドガー・アラン・ポープロフィール
    ジャンル 英米文学(評論)
    出版年月日 2020年11月30日
    ISBN 9784909812476
    判型 四六判並製
    ページ数 200
    定価 本体2,000円+税
    在庫
    ニューヨークが「マガジニスト・ポー」をいかに生み出したのかがわかる重要な幻のニューヨーク論「ゴッサムの街と人々」をはじめ、あの「黒猫」に付された序文「直感対理性」、そして科学的評論「貝類学序文」「ダゲレオ論」等これまで重要でありながら翻訳されてこなかったポーの知る人ぞ知る評論を、ポーのニューヨーク・コレラ禍を描いた「スフィンクス」論——「コロナ時代にニューヨーク作家ポーを読む」等、ポー新編・新訳を論文付きにてお届けします。
    訳者による序文――
    幻のニューヨーク論『ゴッサムの街と人々』他
    評論集本邦初訳の背景について
    Ⅰ 『ゴッサムの街と人々――「コロンビア・スパイ」
    への七つの手紙』( 一八四四)
    ・マボットによる序  
    ・『ゴッサムの街と人々――「コロンビア・スパイ」
    への七つの手紙』
    Ⅱ 「雑誌社という牢獄の秘密の告白」(一八四五)
    Ⅲ 「直覚対理性――黒猫序文」(一八四〇)Ⅳ 「ダゲレオタイプ論1~3」(一八三九―四〇) 
    Ⅴ 「貝類学の手引き序文」( 一八三九)
    Ⅵ  「スフィンクス――謎の雀蛾」(一八四六)

    【訳者論考】
    一 ニューヨークがマガジニスト・ポーをつくった
     1.フィラデルフィアからニューヨークへ  2.ナッソー街のポー
     3.〈ニューヨーク・レター〉というジャンル  4.  評価と研究

    二 超傑作「黒猫」の秘密
     1.ノンヒューマン・ストリーとしての「黒猫」  2.ドアを開ける猫
     3.プルートーのダゲレオ肖像画と怪物の現われ
     
    三 コロナ時代にニューヨーク作家ポーを読む
     1.ポーの人生とパンデミック  2リバティベルと「赤死病の仮面」
     3.ポー的疫病譚の想像力の深み 
     4“The Sphinx” (Death’s-headed Sphinx、髑髏面型雀蛾)とは何か 
      5.髑髏と弔鐘
  • ご注文

2020 TAKANASHI SHOBOU

Pagetop