• 小鳥遊書房

    • Twitter
    • facebook
    • Twitter
    • facebook

Details of the book書籍詳細

新刊
抵抗者の物語
初期アメリカの国家形成と犯罪者的無意識
  • 叛逆的暴力と愛国的雄姿との転倒的ゆらぎと、体制に叛逆する精神を探るアメリカ文学・文化研究
    著者・訳者
    著:白川 恵子プロフィール
    ジャンル 英米文学(評論)
    出版年月日 2019年10月21日
    ISBN 9784909812209
    判型 A5
    ページ数 384ページ
    定価 本体3,800円+税
    在庫 在庫あり
    叛逆的暴力と愛国的雄姿との転倒的ゆらぎ


    正典作家・作品研究ではない、埋もれているテクストや、読み捨てられる類の大衆作家による多様な物語群から、アメリカ国家生成・独立建国以来、潜在しつづける矛盾と、体制に叛逆する精神を探るアメリカ文学・文化研究。

    名もなき者たちの取るに足りない営為が、ナラティヴを成す
    序章 自浄作用としての抵抗と犯罪の物語

    第1章 売れる偉勲・憂うる遺訓――メイソン・ロック・ウィームズの『ワシントン伝』再考

    第2章 アメリカン・イーグルとバード・ウーマン――国璽決定プロセスと先住民ピースメダル「外交」

    第3章 魔女の物語とインディアン――ジョン・ニールの『レイチェル・ダイア―』とアメリカ文学の独立

    第4章 詐欺師的独立宣言――『スティーヴン・バロウズ回想録』とシェイズ叛乱のパロディー

    第5章 ナンシー・ランドルフ・モリスの幸福の追求――誘惑小説の実演転覆とジェファソン周辺の「幸福の館」

    第6章 ウォーナー・マッケアリーの復讐――元奴隷と白人モルモン妻の奇妙なダブル・パッシングの一事例

    第7章 帝都の物語――アンテベラムの都市犯罪小説と建国祖父の遺産継承

    第8章 奴隷的不服従――ルイザ・メイ・オルコットのセンセーショナル・スリラー

    第9章 そして誰もが黒くなった――アリス・ランダルの『風は去っちまった』における再生の政治学

    第10章 ツァラル島再――マット・ジョンソンの『ピム』におけるダーク・ピーターズの復権
  • ご注文

    • amazon
    • e-hon

同ジャンルの作品

生きづらいこの世界で、 アメリカ文学を読もう
本体2,200円+税
イェイツとジョイスの時代のダブリン
本体3,600円+税
マニフェスト・デスティニーの時空間
本体3,000円+税
[改訂新版]ピグマリオン・コンプレックス
本体2,700円+税
照応と総合
本体8,800円+税
ルイス・キャロルの実像
本体6,000円+税
クロスメディア・ヘミングウェイ
本体3,000円+税
「クマのプーさん」の世界
本体2,400円+税
メルヴィル文学における〈演技する主体〉
本体3,800円+税
映画ノベライゼーションの世界
本体2,000円+税

おすすめ書籍

『ミス・サイゴン』の世界
本体2,200円+税
ルイス・キャロルの実像
本体6,000円+税
クロスメディア・ヘミングウェイ
本体3,000円+税
他者の在処
本体2,000円+税
マーガレット・アトウッドのサバイバル
本体2,900円+税
イェイツとジョイスの時代のダブリン
本体3,600円+税
ジェンダーと身体
本体2,700円+税
マニフェスト・デスティニーの時空間
本体3,000円+税
[改訂新版]ピグマリオン・コンプレックス
本体2,700円+税
照応と総合
本体8,800円+税
2020 TAKANASHI SHOBOU

Pagetop