• 小鳥遊書房

    • Twitter
    • facebook
    • Twitter
    • facebook

Details of the book書籍詳細

新刊
『ハリー・ポッター』について 論文を書きたいので、 教授、授業の題材にしませんか?
  • 大学生じゃないとわからない 『ハリー・ポッター』の世界を徹底解説。ハーマイオニー以上の「知ったかぶり」になろう!
    著者・訳者
    著:佐藤 飛美プロフィール
    ジャンル 英米文学(評論)
    出版年月日 2019年10月25日
    ISBN 9784909812063
    判型 A5
    ページ数 366ページ
    定価 本体2,700円+税
    在庫 在庫あり
    大学生じゃないとわからない『ハリー・ポッター』の世界を徹底解説!


    なぜハリー・ポッターは生き延びたのか?

    なぜヴォルデモートは死なないのか?

    アリアナの病気の正体とは?

    トレローニーの予言は3度当たっていた?


    血筋、心理、夢、占星術、宗教から読み説く、

    大人になった『ハリー・ポッター』ファンのための読本。


    ハーマイオニー以上の「知ったかぶり」になろう!
    はじめに

    第1 章 『ハリー・ポッター』シリーズ 要点のおさらい
     予言の意味とは?
     リリーの「血の護り」とは?
     なぜヴォルデモートは死ななかったのか?
     「死の秘宝」と〈死の支配者〉とは?
     なぜハリーは生き延びたのか?
     「呪いの子」とは誰なのか?
      †コラム①:アリアナ・ダンブルドアは「オブスキュラスを生む者」!?

    第2 章 血と力、そして鏡像関係
     ハリーとヴォルデモートの鏡像関係性
     「死の恐れ」としてのヴォルデモート
     「力の欲望」としてのヴォルデモート
     『呪いの子』にも見られる「影」
     ヴォルデモート率いる闇の勢力とは?
     父と子――孤独な少年たち
     ハリーと両親
     「血」による差別・偏見と「力」
      †コラム②:「死喰い人」のオリジナルネーム
      †コラム③:ルーピンVS ペティグリュー

    第3 章 心と愛、そして杖と性格
     鏡と心
     笑いと心
     ロンの「心」の葛藤
     杖と性格
     『ハリー・ポッター』で描かれる「愛」
     「閉心術」と心――「哀れみ」と「悲しみ」
     ハリー特有の力とは?
     憎悪と愛情
     「愛」VS「力」
      †コラム④:ロンの「太陽系の惑星に関するきわどいジョーク」とは?
      †コラム⑤:『ハリー・ポッター』における二つのエピグラフ
      †コラム⑥:トレローニーへのプレゼントの意味

    第4 章 夢と無意識
     ハリーの夢の変遷
     地下と無意識
     蛇と無意識
     鳥と無意識
     森と無意識
     無意識と直感
     無意識と予言
     夢中と魔道
     夢・無意識と現実の関係性
      †コラム⑦:ダンブルドアはマキャヴェリ的!?
      †コラム⑧:スネイプはグリフィンドールに憧れていた!?

    第5 章 占い
     占星術と『ハリー・ポッター』
     トレローニーの予言は3 度当たっていた!?
     タロット占いと『ハリー・ポッター』
      †コラム⑨:ナイトに見られるロンの「道化性」
      †コラム⑩:『ハリー・ポッター』に見られる「循環性」

    第6 章 キリスト教
     『ハリー・ポッター』はなぜ批判されたのか?
     「ヘブライ人への手紙」に見る『ハリー・ポッター』
     「マタイによる福音書」に見る『ハリー・ポッター』
     「コリントの信徒への手紙1」に見る『ハリー・ポッター』
     『ハリー・ポッター』とキリスト教の相似点
     アガペーとエロース
      †コラム⑪:ホグワーツ七不思議

    第7 章 死
     「死を超えて生きる」とは?
     「最後の敵なる死もまた亡ぼされん」の原文の二つの解釈
     死者にとっての「死を超えて生きる」
     ハリーにとっての「死を超えて生きる」
     不死鳥の騎士団にとっての「死を超えて生きる」
      †コラム⑫:メメント・モリ「死の象徴・警告」
      †コラム⑬:「三人兄弟の物語」のモデル

    終章
  • ご注文

    • amazon
    • e-hon

    関連記事

関連書籍

「クマのプーさん」の世界
本体2,400円+税

同ジャンルの作品

生きづらいこの世界で、 アメリカ文学を読もう
本体2,200円+税
イェイツとジョイスの時代のダブリン
本体3,600円+税
マニフェスト・デスティニーの時空間
本体3,000円+税
[改訂新版]ピグマリオン・コンプレックス
本体2,700円+税
照応と総合
本体8,800円+税
ルイス・キャロルの実像
本体6,000円+税
クロスメディア・ヘミングウェイ
本体3,000円+税
「クマのプーさん」の世界
本体2,400円+税
メルヴィル文学における〈演技する主体〉
本体3,800円+税
映画ノベライゼーションの世界
本体2,000円+税

おすすめ書籍

『ミス・サイゴン』の世界
本体2,200円+税
ルイス・キャロルの実像
本体6,000円+税
クロスメディア・ヘミングウェイ
本体3,000円+税
他者の在処
本体2,000円+税
マーガレット・アトウッドのサバイバル
本体2,900円+税
イェイツとジョイスの時代のダブリン
本体3,600円+税
ジェンダーと身体
本体2,700円+税
マニフェスト・デスティニーの時空間
本体3,000円+税
[改訂新版]ピグマリオン・コンプレックス
本体2,700円+税
照応と総合
本体8,800円+税
2020 TAKANASHI SHOBOU

Pagetop