• 小鳥遊書房

    • Twitter
    • facebook
    • Twitter
    • facebook

Details of the book書籍詳細

新刊
生きづらいこの世界で、 アメリカ文学を読もう
カポーティ、ギンズバーグからメルヴィル、ディキンスンまで
  • 生きづらいこの世界をどう生きればいいのか。アメリカ文学を読んで生きる糧を知る。
    著者・訳者
    著:堀内 正規プロフィール
    ジャンル 英米文学(評論)
    出版年月日 2019年12月28日
    ISBN 9784909812230
    判型 4-6
    ページ数 256ページ
    定価 本体2,200円+税
    在庫 在庫あり
    生きづらいこの世界をどう生きればいいのか。
    強く生きなくていい。でもそれではどう生きればいい?
    ほんとうは人生に「勝ち組」も「負け組」もなく、
    誰も〈敗者〉ではないということを、文学はいつも告げています。

    本書で紹介するアメリカ文学(ロックや映画にまつわる章もあります)は以下の通り。
    カポーティ、フォークナー、ギンズバーグ、ルー・リード、
    ボブ・ディラン、ジャームッシュ、ブコウスキーから、
    メルヴィル、ポー、ホーソーン、ソロー、ディキンスン、ホイットマンまで……。
    【主な目次】
    はじめに

    『遠い声 遠い部屋』 何者でもないわたしへ
    フォークナーの振り切れない人びと
    ギンズバーグは「カディッシュ」
    ボブ・ディラン――自己を他者化するパフォーマー
    ルー・リード――落ちゆく者の落ちなさ
    真剣な気晴らし――ブコウスキーの死のかわし方
    J・Jの詩学――ここからここへ(『パターソン』→『デッドマン』→『パターソン』)



    『白鯨』――震災後のまなざしで読み直す
    エドガー・アラン・ポーについて
    『緋文字』のホーソーンのまなざし
    『ウォールデン』――宇宙の一点に仮住まいする雄鶏の声
    フラジャイル・ホイットマン
    苦悩と狭さから――ディキンスンを読む
  • ご注文

    • amazon
    • e-hon

    関連記事

関連書籍

裸のcommonを横切って
本体2,200円+税

同ジャンルの作品

『ハリー・ポッター』について 論文を書きたいので、 教授、授業の題材にしませんか?
本体2,700円+税
イェイツとジョイスの時代のダブリン
本体3,600円+税
マニフェスト・デスティニーの時空間
本体3,000円+税
[改訂新版]ピグマリオン・コンプレックス
本体2,700円+税
照応と総合
本体8,800円+税
ルイス・キャロルの実像
本体6,000円+税
クロスメディア・ヘミングウェイ
本体3,000円+税
「クマのプーさん」の世界
本体2,400円+税
メルヴィル文学における〈演技する主体〉
本体3,800円+税
映画ノベライゼーションの世界
本体2,000円+税

おすすめ書籍

『ミス・サイゴン』の世界
本体2,200円+税
ルイス・キャロルの実像
本体6,000円+税
クロスメディア・ヘミングウェイ
本体3,000円+税
他者の在処
本体2,000円+税
マーガレット・アトウッドのサバイバル
本体2,900円+税
イェイツとジョイスの時代のダブリン
本体3,600円+税
ジェンダーと身体
本体2,700円+税
マニフェスト・デスティニーの時空間
本体3,000円+税
[改訂新版]ピグマリオン・コンプレックス
本体2,700円+税
照応と総合
本体8,800円+税
2020 TAKANASHI SHOBOU

Pagetop