• 小鳥遊書房

    • Twitter
    • facebook
    • Twitter
    • facebook

Authors and Contributors著者・訳者紹介

    • 氏名
    • 江戸川エドガワ 乱歩ランポ
  • プロフィール

    1894(明治27年)〜1965(昭和40年)、小説家。
    1923年、『新青年』に掲載された『二銭銅貨』でデビュー。
    1925年に『新青年』に6ヶ月連続短編掲載したうち2作目の『心理試験』が好評を得、初期作品は日本人による創作の探偵小説の礎を築いた。また同時期に『赤い部屋』『人間椅子』『鏡地獄』なども発表、幻想怪奇小説も人気を博した。
    1927年に休筆したのち、『陰獣』を発表。横溝正史に「前代未聞のトリックを用いた探偵小説」と評価される。
    1931年、『江戸川乱歩全集』全13巻が平凡社より刊行開始。
    1936年、少年向け推理小説シリーズの第1話「怪人二十面相」を雑誌『少年倶楽部』に連載。太平洋戦争により一時執筆を休止したが、戦後再開し、子どもたちから絶大な支持を受けた。

関連作品一覧

  • book10
    白昼夢 江戸川乱歩 妖異幻想傑作集
    本体2,600円+税
2020 TAKANASHI SHOBOU

Pagetop